pic-index-testimoni-health

ご存知ですか 『女性のほうが男性より体の水分率が少ない?』

体形的には男性より女性の方が水分率が多いように思いますが実は少ないのです。
概ね女性は平均すると脂肪23%、筋肉27%、男性は脂肪17%筋肉33%となりますが、脂肪組織に占める水分の割合は約20%、筋肉に占める水分の割合は約75%となる為、通常筋肉量の多い男性のほうが体内水分量が多くなります。又、年をとるごとに水分率が減るのは筋肉量が減ることと細胞内の水分保持能力の減退によるものと言われています。
血液は体に栄養や酸素を運ぶ役割をしていますが、体内の水分が減ると、血液の水分率も減り粘性を帯びくることで血流が悪化し、血流で運ばれる栄養・酸素が十分に補給できなくなり、頭痛吐き気便秘などさまざまな症状を引き起こします。
一般的には1日に2Lといわれている水分補給を十分にしているかどうか、ご自分の生活を見直すことも大切です。

pic-index-testimoni-health